個人店少人数ガイド|西表のガイドは体験ダイビングからベテランさんまでグッドダイブにお任せ下さい。

サイトマップ

最新日記(gooddiveのブログ)


西表ダイビングメニュー


西表島のダイビングサービス
GOODDIVE

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

過去のブログアーカイブ

夜の海は産卵ショーでした。 2019年4月23日


P4223773.jpg
天候 晴れ
気温 31度
水温 26度
波高 1m

今日もほぼ凪。

日中は昨日と同じく、再びトカキンへ。

昼間の2ダイブを終了して、港へ戻り、ゲストを宿へ返してから今日は今シーズン初のナイトヘ。

今日あたりからサンゴ産卵するんじゃないかと行く予定でしたが、ゲストが付き合いますよと一緒に出発。

夜はさらに静かな海に。

P4223735.jpg

特にこれといった気配も感じずにエントリー。

30分経過した頃から、いつものように水中をただようプランクトンが多くなり始め、そこに紛れて浮いているサンゴの卵を発見、産卵が始まった。

すぐに出どころも見極めて、しばし観察。

光によってくるプランクトンがかなり邪魔でしたが、小さいサイズのサンゴの産卵でした。

そして間も無くして、新たなタマゴが流れてくる。

やはりミドリイシの仲間と思われるサンゴ。

P4223756.jpg
そのあとも次々とサンゴの産卵を目撃。

P4223750.jpg
P4223738.jpg

どれもサンゴのサイズは小さいものの、しっかりはっきり産卵している様子が伺えました。

枝状のサンゴの産卵はありませんでしたが、後半40分は行くところ行くところで産卵が見られ、船に戻る最後の最後までエンドレス。

P4223742.jpg
P4223782.jpg

今か今かと産卵する直前のサンゴ、タマゴがはっきりわかります。

P4223744.jpg

タマゴを放出した瞬間。

P4223748.jpg

ジャノメナマコも艶かしいポーズを取りながら、放精放卵してました。

なかなか水からあがるタイミングがなく、70分を超えるダイビングでした。

先月3月にもすでに産卵が始まっていたようで、水温の関係からか例年よりも早くに始まった2019のサンゴの産卵。

今年もとりあえず、サンゴの産卵しっかり立ち会えましたよ。

これで明日、船を陸揚げして作業に集中できます。



続きを読む


サンゴロケーションもいろいろ 2019年4月20日

P4203628.jpg

天候 曇りのち晴れ
気温 28度
水温 25度
波高 1.5m

予報では、雨、竹富町には注意報まで。

今日は、シュノーケリングの親子3名を乗り合いで、僕は1名のダイバーとマンツーマンです。

1年ぶりのダイビングとシュノーケリングチームにも楽しんでもらえる場所をチョイス。

船の下は水深2m。

でも10mも移動するとすぐに水深10mくらいまで落ちる。

浅い箇所には一面の枝状サンゴ。

P4203621.jpg

今日は1、2ダイブともサンゴ景観がスンバラシイ場所。

サンゴが元気な場所はいくつもあるけど、西表のすごいのはサンゴ種が豊富なので、その場その場で生息しているサンゴの種類も違うし、同じサンゴでもその場所に適した成長をすることで形を変えているので、一言でサンゴポイントと言っても様々な景色と雰囲気を楽しませてくれます。

P4203632.jpg

葉のように、花びらのように広がるこのサンゴ群落、その形状から葉状サンゴなんて呼ばれるけれど、これにもいくつか種類があって、表面をよく見ると違いがあって、重なる感じも異なるので、全く別のサンゴなのです。上から全体を見るもよし、横からずんずん近づいて見るのもよし、サンゴギリギリまで接近するには、中性浮力はマストです。

P4203624.jpg

浅い箇所も枝状サンゴがびっしり。今年はこの場所の砂地が広がり、凪いでいる日には水面に映るこのコラボがまた素敵。

同じ水域でもところ変割ればサンゴも変わる。

サンゴでコーティングされている見事なリーフ。

P4203636.jpg
海が荒れていた時期を乗り越えて、サンゴはさらに力強くなっているのでしょうね。

サンゴの森を進んでいくと、こんな地形も楽しめたり。

P4203638.jpg
西表のサンゴはとっても元気で、海に彩りだけではなく、地形や雰囲気、さらにはそこに生物も集います。西表の海の中を豊かにしてくれているなくてはならない存在です。

昨日が満月、そしてそろそろサンゴの一大イベントもカウントダウンです。







続きを読む


店舗内装工事終了 2019年4月15日

P4153614.jpg

4月も中旬、朝にはアカショウビンの声も聞こえて、気持ち良い。

今日は海ではなくって、お店の内部工事。

2月頃から空いてる時間でちょこちょこ進めていた事務所内装工事。

そんなDIYな部分を。

P2283055.jpg

土間の部分を3分の1ほど立ち上げて、フローリング間にしてそこへ事務仕事のデスクとカウンターを制作。

3、4年前からなんとなくイメージあったけど、今までの状態でも仕事はできるけど、身の回りを一新すると気持ちもまた気合が入ります。

P3203152 (1).jpg

使用したフローリングは併設しているゲストルームと同じチーク材、でもチークでも種類がいっぱいあって、今回のは全く塗装されていないいわゆる無垢材。

こっちの方がワックス仕上げしているわざとらしいテカリもないし、使用すればするほど足の脂と使用感でいい感じになるはず。

フローリングはレベルさえきっちり取れてしまえば貼るのはさして難しくないけれど、ややこしくて苦戦したのがこのフローリングを収める周辺部のかまちと呼ばれる箇所。

P4153616.jpg

市販のかまち材もあるけど、材木の余りものがたくさんあるので、それを上手いこと使えるように。

ここを収めるのが難しかった。

あとはカウンター設置して、これも余っていた材料で。

P3303318.jpg

デスク部分の板材は何がいいのか、石垣の材木店で吟味してランバーの合板を使用。

L字型にテーブルを組むので、コンクリート壁に支えとなる角材を巡らせて、するとやはりお店も床が微妙に平らでないので、レベルをなんども見ながらの作業。

テーブルをその上に置いて、とりあえず固定感をみると、どうも頼りない。新たにL字の鋼材を手に入れてそれで補強。

あとは余った木材で補強、当初予定のなかった引き出しや棚受けも余った材料で制作。

P4153608.jpg

最後にカウンターの化粧板。

廃材でもいいかなと思ったのだけど、ここまで上等にできてしまったので、余っているチークのフローリング材と足りない分は杉板を新たにカットして、一枚づつ並べて貼り付けてやっと完成しました。

材料もかなり余っているもの使ってるし、余分に購入したフローリング材もほぼ全て使い切ったし、時間はかかってしまったけど、かなり上等です。

P4153615.jpg

ゲストルームもフローリングが広がったし、洒落てますよ。





続きを読む


シマンチュの体験ダイビング 2019年4月10日

P4103581.jpg

天候 晴れのち曇り
気温 28度
水温 25度
波高 1→ 2.5m

朝から暑い。本州では雪なんて言ってるけど、ほんとかな。

西表島には石垣島や沖縄本島から工事や建築関係の職人さんが連日泊まり込みで仕事をしにきてくれます。

今日のゲストは白浜集落で今建築中の町営住宅の現場にきている瓦屋さん。

石垣島出身の生粋のシマンチュです。

聞けば、以前からダイビングをしたかったのだけど、地元石垣島ではお店もたくさんあるし、そこで仕事をしている友人もいたりするけど、なんか気が引けてなかなか門を叩けなかったのだそうだ。

僕が冬の間、よく世話になる石屋の職人さんとも一緒に仕事をしたことがあり、西表に行けば、知り合いいるよと聞いて、西表島なら気兼ねなく参加できそうだと、初めてのダイビングに挑戦。

南風が強かったので、港を出てすぐ傍の場所でシュノーケリングと、初ダイビング。

P4103578.jpg

こんなに魚がいてたくさんのサンゴが簡単に見れることにびっくりだったのだそうだ。

話を聞いていると、地元の人がダイビングに参加するのは少し気がひけるらしい。観光客と一緒に参加することに遠慮してしまう。

でも、地元の方にも自分が生まれた海の中はぜひ見て欲しいと思います。

産まれた島のすごいところを全く知らないでいるのは、非常にもったいない。

潜りたかったという気持ちが強かったからか、ダイビングも上手で呼吸も長持ちで落ち着いていました。

2ダイブ目は、ちょっと体験ダイビングでも、経験者でないと連れて行かないようなところへ。

P4103586.jpg
潜降するのも全く躊躇することなく、グイグイ降りていきます。

さらに陸上の撮影や現場撮影で使っているカメラを水中へ持ち込んで、写真とムービーを撮影する余裕。

持っているカメラがTG5、現場関係者にも人気のカメラです。

予報どうり北風に周り、上がる頃には空も暗く、風が吹いて波も出てきた。

でも1日ギリギリセーフで楽しんでもらえて、本当に良かった。

地元出身者の方もぜひトライしてみてください。







続きを読む


南フランスから 2019年4月 8日

P4083575.jpg

天候 晴れのち曇り
気温 27度
水温 25度
波高 1m

今朝
ワンコ2匹を散歩させていると早くもアカショウビンの心地よい鳴き声が聞けました。

初夏の訪れを知らせるアカショウビン、まだ初夏というには早いけど、いい天気です。

今日のゲストは、飛び込みで外国人のカップル。

2人ともダイバーなのだけど、女性の方は体調の関係でダイビングではなくシュノーケルで、男性は西表でダイビングがしたかったそうで、2ダイブのリクエスト。

ガイドは僕一人なので、同時にはできないから、ダイビングしている間は船の上で休んでいてもらい、ダイビングからあがってきてからシュノーケリングを楽しんでもらった。

P4083528.jpg

なので、今日は午前中にダイビングとシュノーケリング、お昼休憩の後、再びダイビングしてシュノーケリングとお昼以外はほぼ海に浸かってたなぁ。

まだダイビング歴も浅いようだったので1本目は様子見たのですが、わずかタンク本数12本とは思えないほどに上手で、水平姿勢も生きものへのアプローチもとてもバランスがいい。

ブリーフィングで説明したアカククリが終盤に登場して、そのままボートのところまで案内してくれたり、すぐ目の前をm級のナポレオンがゆったりと通り過ぎたりとラッキーなダイビングでした。

ダイビング後は移動して鳩間のインリーフでシュノーケリング。

P4083530.jpg

お昼は鳩間島に入って、ランチの後久しぶりに島内散策。

P4083564.jpg
自分がわかりもしないのにフランスのどちらからと聞くと、ニースとかマルセイユとか聞いたことのある地名なのはわかったけど、結局フランスの南の方と教えてくれた。

凱旋門とかエッフェル塔があるフランス旅行の王道みたいな場所ではないことはわかった。

南フランスって景色とか街並みが綺麗で美しいところらしい。

1ヶ月間の休みで日本を旅行中、羨ましい。

今の鳩間島はいいよ、お昼になっても空いてるし、以前ののどかで時間が止まったような鳩間島を満喫できます。こんな時にしか鳩間島には立ち寄らないので、鳩間へ行きたい人はこんな時期がオススメ。

P4083573.jpg

石垣の上に並んだこのブイも未だに健在、これ見るだけでもほっこりする。

鳩間を離れて、2ダイブ目へ。

女性はまたボートの上で一人ゆったりと読書。

そして最後のシュノーケリング、今シーズンから新たにポイントにする予定の場所へ。

シュノーケルには少し深い気もしたけど、水深5mほどのところを40分ほど泳いで回った。

船の近くへ僕が先にもどて来た時に、すぐ下に2m以上もあるサメが2匹、その背後からはトラフザメが体をクネらせながら、やってきた。

ハンティングをしそうなその泳ぎ方に、ビビってしまったよ。



続きを読む


付き添い体験ダイビング 2019年4月 6日

P4063395.jpg

天候 晴れ
気温 27度
水温 25度
波高 2.5 → 1.5m

いい天気に恵まれた体験ダイビングDAY。

ファンダイビングのゲストが体験ダイバーを誘って一緒に参加。

別メニューでのご案内はできないので、体験ダイビングのポイントで付き添うように一緒にダイビング。

20年以上も前に沖縄で体験ダイビングをして、なんとなく沈められたあまりいい印象のないダイビングだったようで、今回はダイバーのお友達に誘われ、初めての西表で2度目の体験ダイビング、ある意味リベンジです。

ノリもいいし、お友達も一緒だし全く心配なし、案の定、さっさと潜降完了して、ほぼ自由に水中を動いて見て回っていました。

鳩間島での休憩中も自分たちの声がとっても静かな鳩間の港の中で反響して、周りに丸聞こえだったはず。

P4063407.jpg

午後の2回目のダイビングはガラッと雰囲気を変えて、ファンダイビングでも訪れるような場所へ。

さすがに砂地だけの場所と同じように、動き回る余裕はなく、ワイドな水中の景色を見るだけで、動くことが簡単にはできなかった様子。

後半は中層を支えてあげながら、水中散歩。

これが、また相当楽しかったみたいでした。

P4063411.jpg

2ダイブ終えて、上原の港へ戻ってきたら、こんな感じでリラックス。

聞けば、コンクリートの上がぽっかぽかで無料の岩盤浴にご機嫌だったそうです。

西表の海岸端にはテッポウユリがよーく咲いてますよ。

P4063413.jpg


続きを読む


事務所を改装中 2019年4月 4日

P3303317.jpg

なかなか天気がすぐれない4月、日中はそうでなくても、夕方以降冷え込んだり、海も水温が表層だけ低くなっていたり、寒いのかあったかいのかよくわからない。

数年前から、大雨が降るとぐちゃぐちゃで車を止めるのも、車を出すのにもスリップしたり、店に入るところも水たまりがひどくなってしまって困っていた駐車場を1月に整備して、とっても快適になった。

P1302387.jpg

そしてそれから、今度は事務所の中も改装しようと手をつけ始めたのが2月。

ほったらかして、伊豆に行っちゃって島戻ってきてからも空いてる時間を探しては、ちょこちょこ進めているのですが、これがまたなかなか進まない。

始めるとなると道具から何から引っ張り出して、木工所か建築現場のようになるので、海の仕事があったり、他の用事があると、中断しては片付けて、また出してなんてことをしていると進まない。

でもようやく床のフローリングも貼り終えて、連休までには完成するでしょう、きっと。

事務仕事する場所なんてダイビングの仕事で必要なさそうだけど、いろいろあるのですよ、って大したことしてませんけどね。

続きを読む


今シーズン良さげなポイント 2019年4月 2日

P4023336.jpg

天候 曇り
気温 24度
水温 24度
波高 2.5 → 2m

上原便が朝からまさかの運航、いつもなら欠航している海況なのに・・・。

ここ最近は上原便の欠航するしないの読みが当たらない。

やや波が残っていましたが、鳩間島方面へ行ってきました。

先月も鳩間島のかつてポイントだった箇所を見て回ったのだけど、リーフエッジのサンゴの様子もだいぶ回復してきて、今年はまた復活しそうな良さげな状態。

そしてリーフの中も、以前にましてテンジクダイの仲間やカクレエビなどもたくさん付いていて、十分楽しめそうだ。

P4023371.jpg

体格のいいキンセンイシモチやクロホシイシモチ、ウスモモテンジクダイもみんな口内保育に忙しそうだ。

P4023348.jpg

真っ白の砂地に黄色が生えるヨスジフエダイもバラバラでまとまりがないけれど、いっぱいいる。

春先特有の海藻類も浅瀬にたくさん生えている。

P4023375.jpg

そしてご存知のクロミスランド。

P4023380.jpg

ここもリーフの斜面の枝状サンゴは確実に復活してきています。

P4023377.jpg
P4023382.jpg

年号も変わる今シーズン、西表島もまた新しい海を見せてくれそうです。

続きを読む


中性浮力は早いうちに 2019年3月29日

P3293294.jpg

天候 曇り
気温 28度
水温 25度
波高 2m

今日は高校生とマンツーマン。

昨年春にうちで講習をして、今日でファンダイビングも10本目。

ダイビングスキルの中で習得が一番難しく、マスターするまでに時間がかかる浮きも沈みもしない状態をコントロールする中性浮力。

でもこれがマスター出来ないとダイビングの楽しさも半減してしまうし、中性浮力なくして様々な環境でのダイビングは不可能。

個人差はあるけど、これをいかに早くに習得するかがダイビングを継続するキーポイントでもあるような気がします。

今日の1本目はその中性浮力なくしては絶対に連れて行けない場所。

ダイビング中の50分間、ほぼ中層を泳ぎ漂うダイビング。

もちろん水深に気をつけながら。

ベラの仲間で最大級のナポレオンは出るわ、甲長70センチほどのコブシメは出るわ、バラフエダイのグループにウメイロモドキやユメウメイロなどのグルクン多数。キンギョハナダイにアカネハナゴイ、浅いところではエダサンゴの群生にスズメダイ各種。

P3293302.jpg

もうてんこ盛りの1ダイブ。

たった10本のまだまだビギナーダイバーだけれど、そつなくこなしていました。

はるか上に水面、下の方にはうっすらと水底、横は見る限りブルーな世界。

この水中にいる感覚もきっと楽しいはず。

多感な16歳、これからどんだけの海の中を覗いていけるのか楽しみは広がる。




続きを読む


親子ダイバーの誕生 2019年3月26日

P3263245.jpg

天候 曇りのち晴れ
気温 25度
水温 25度
波高 2.5 → 2m

今日は講習最終日。

一年早くにダイバーになっている娘さんも今日は一緒にダイビング。

今後は一緒に潜る機会が多いと思うので、親子でバディを組んでもらい、お父さんの講習に協力してもらった。

緊急手順ではエアー切れダイバー役を娘さんが、エアー切れダイバーを救助するのをお父さんに。

午前中の1ダイブで実技講習内容もほぼ終了、昼は久しぶりの鳩間島へ。

まだ他のツアーも来ていない静かな鳩間島。

ランチを持って上陸して集落内の広場をお借りして、3名で海を眺めながらのランチタイム。

この感じの鳩間島がとってもいい。

14時過ぎに鳩間島を離れて、ダイビングへ。

2本目はほぼファンダイブ。

講習期間中、みっちり講習だけで終わらせるよりも少しはガイドダイビングを経験してもらって、自分でできるようになると水中をこうも楽しめるんだということを実感してもらいたい。

P3263251.jpg

娘さんの手前、緊張したかもしれませんが、娘さんはそんなお父さんを全く気にしていないようで、のびのびと水中を楽しんでいる。

P3263252.jpg

これから親子でいろんな海を見て、存分に楽しんでいってもらいたいです。




続きを読む