個人店少人数ガイド|西表のガイドは体験ダイビングからベテランさんまでグッドダイブにお任せ下さい。

サイトマップ

最新日記(gooddiveのブログ)


西表ダイビングメニュー


西表島のダイビングサービス
GOODDIVE

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

過去のブログアーカイブ

宙勢浮力マスター 2018年12月15日

PC141717.jpg

天候 曇りのち時々晴れ
気温 25度
水温 24度
波高 3 → 2.5m

ゲストとマンツーマンのダイビング。

ゲストのNちゃん、つい2年前までは魚を見る目に愛がありすぎるフィッシュウォッチャーでしたが、今ではデジタル一眼をもち、ファイダー越しにフィッシュウォチングをしながらシャッターを切る熱いカメラ派ダイバーに変身。

伊豆などでも週末利用で潜っており、海を楽しんでいる。

港の中や湾奥の泥地も、ちょっと雰囲気変えて青い海も、どこへ行っても撮影に熱い。

魚愛があるからなのか、生態シーンやいろいろな生物とも遭遇、今日はクジャクベラのディスプレイにスミレナガハナダイの幼魚、そして2日連続のサラサハタの幼魚などを撮影。

PC151747.jpg
PC141668.jpg
PC151786.jpg
PC141732.jpg

サラサハタ自体、非常に珍しい魚で、パラオで成魚を見たことはあるけど、西表で見ることができたのは初めて、まして幼魚なんて。

PC151828.jpg

透明感のある白に黒い水玉模様が美しく、動きも見ていて飽きない。

水深も様々、環境も様々な場所で撮影に取り組むNちゃん、関心なのはとにかく中性浮力が上手。

PC151737.jpg

少し寒い時期なので、ドライスーツので動きにくいはずだけど、深いところでも呼吸で浮き沈みすることもなく、何も捕まることなくファインダー覗きながら態勢をキープ。

浅い泥地でも水底ギリギリを着底することなく、砂泥を巻き上げないようにフィンワークも上手い。

PC141711.jpg

よくその態勢をキープして撮影することができるもんだと関心してしまいました。

周りにいるハゼも、このホバリングのうまさには驚いているんじゃないかな。


続きを読む


よく見ていたつもりでも 2018年12月12日

PC111573.jpg

天候 曇り
気温 26度
水温 25度
波高 4m

外洋は波も高いけど、湾内はいたって静かで穏やかな船浮湾。

サクッと海へ。

ちょっと深い方へも足を伸ばし、って言っても30m付近。サンゴも粋のいいのが広がりを見せている。

PC111569.jpg
PC111572.jpg

ちょっとこのベラ、よくいそうなんだけど正体がはっきりわからないタイプ。

カタグロホホスジモチノウオなのか、ヒトスジモチノウオなのかまたはホホスジモチノウオ
なのか、図鑑でも非常に見極めるのは困難って書いてある。

でも体色が明らかに普段見るモチノウオなんかより赤いんだよね。

そして浅いところへ戻ってからは、またしてもよく見ていたはずのベラが2種類。

PC111606.jpg

大きさも20センチ弱あるので、今まで頭の中で認識していたものとはサイズが違う。

っで、調べるとノドクロベラの成熟した雄のようだ。babyや幼魚は季節になるとふらふらとゴミのように漂っている姿をよく見るし紹介もするけど、大人で今まで認識していたのは10センチくらいまで。

こんなに大きく成長するとは知らなかった。背びれの先端付近が赤いのが特徴とある、なるほど。

そしてすぐ脇に、もう一つよく似たタイプのベラ、これは間違えることなかったけれど、これも大きかったし、泳ぎ方がどこかせわしない。

PC111600.jpg

一回り小さい同種に体をすり合わせてはまた離れて、コロニーでも持っているかのように泳ぎ回っている。

これも後でわかったのだけど、セジロノドクロベラは求愛の時に体色がややメタリック調になるらしい、へぇ〜ってまさにこの時がそうでした。

そして場所が変わって、さらに湾内へ。

不思議と北側の水域にはあまりいないカスリモヨウベニハゼ。

PC111617.jpg

この体側に伸びる透けた赤色にごくわずかの青ラインが美しさを際立たせてくれます。お気に入りのベニハゼですが、ここんところ数が少なくなってきている気がしましたが、今日潜ってみた場所には、そこかしこにカスリモヨウベニハゼ。

そして、ユビエダハマサンゴの上に無数のちっこいハゼが、こんな時期にアカメハゼ?なんて思って近づいて、拡大ルーペで覗いてみると驚いたことにカスリモヨウベニハゼの babyだった、それもたっくさんいる。

PC111627.jpg

なんとも目から鱗というか、冬の間でもこうして求愛や繁殖している魚たちに感激してしまったのでした。

PC111645.jpg

そしてこの子もまだ健在、奥の方で何か美味しいものを隠し持っているような感じでした。




続きを読む


ウィッシュウォッチングを楽しむアイテム 2018年12月10日

PC101555.jpg

ここ数日は風が強く、気温もグンと下がって雨交じりの寒空の西表です。

もう今年も残すところ3週間、年内に片付けたい作業もあるのに天気がどうなることやら。

海は外洋のうねりがなかなか取れない季節で、あまり遠出はこれからするのが難しくなりますね。

うちのゲストはコンデジ片手に水中を楽しむ方が5割、一眼レフが2割、そして意外と多いのが撮影機器は一切持たずに水中を楽しむウィッシュウォッチャーが3割くらい。

ウィッシュウォッチングにはマストで必要なのが水中ライト。

やや暗い箇所で生物探すときや、光をあてることで再現される色などを楽しむには欠かせない。

そして最近、水中での細かい生物や小さいものに焦点が合わせづらくなってきていると感じている僕がオススメするのが拡大鏡。いわゆる虫眼鏡。

昔は100均のでもいいと使っていましたが、今はそれでは倍率が低すぎて焦点が合わなくなってしまい、どうしたものかと探していると小さい手持ちサイズでも倍率の高いのがあるんです。

PC101559.jpg
PC101564.jpg
片方が3倍で、もう片方が2.5倍。

2つ重ねて見ることもできて、そうすると倍率はさらにアップ。

来年のカレンダーを山梨のDちゃんにいただいた。
ダイビングする仲間が欲しい方、こちらをチェックhttp://brilliantpearls.wixsite.com/index

一つはガラスレンズでもう一つはアクリルなので、水中でどんなものか使ってみます。

老眼対策、水中でもいろいろありますが、やっぱり細かいところもじっと見たいじゃないですか!

ちょっと最近目が・・・という方、1つ持っておくとまたウォッチングが楽しくなりますよ。




続きを読む


お問い合わせ・ご予約フォーム復旧しました。 2018年12月 5日

こんばんは。

色々調べたところ、原因がわかり、現段階での応急処置ではありますがHPにありますお問い合わせ、予約申し込みフォームともに復旧しております。

故障している間、HPよりお申し込みやお問い合わせいただいた方には、こちらで内容を確認できなかったために、お客様へのお返事が出来ず申し訳ございませんでした。

GOODDIVE 井腰

続きを読む


初めてのシュノーケリング 2018年12月 4日

PC041547.jpg

天候 晴れのち曇り
気温 28度
水温 26度
波高 1.5m

12月なのに気温が高い、全国的にそのようですが。

今日は絶好の海日和。

修学旅行生を海に連れて行きました。

天気がいいのに、到着は午後からとなんとももったいない。

午前中は石垣島からの移動だけで、終わってしまたとか。

まずは顔合わせしてから、昼時だったのでいきなり昼食タイム。

それから元気よく海へ。

受け持ったのは8名の男子、シュノーケリングの経験者は1人だけで、あとはみんなほぼ初めて。

みんな揃いのスクール水着でウエットスーツを身にまとい、初体験シュノーケリング。

一人くらいはマスクに水が入ってくるとか、ちょっとはあるかなと思ったら、なんと全員全く問題なしでマスクとシュノーケルを使いこなしていました。

時間ももう16時過ぎ、雲も多くなってきたところで飛び込みにもトライ。

初めての海の中はどうだったのかな、ワイワイ楽しそうにはしていたけど、海の感想はあまり聞けなかったのが残念。



続きを読む


晴れてるからこそ 2018年11月30日

PB301420.jpg

天候 晴れ
気温 26度
水温 25度
波高 1.5m

11月もラスト、終わってみれば以外と天気が良い日が多かった今年の11月。

前半は晴天が続いて、中盤は少し曇りがちだったけど、後半に持ち直してこの後12月上旬も天気は良さげ。

ゲストの少ない季節ならではの船浮湾内、泥泥エリア、サンゴもあるけど、この水中世界は何も海がシケシケで天気が悪い時だけに行くのではなくって、天気の良いこんな日でも行っちゃいますよ。

天気の悪い時にしか来ないようだとややうす暗い水中を印象付けちゃうけど、光の差し込む浅場の泥地は独特な雰囲気あります。

PB301416.jpg

西表のこんな場所は何かが潜んでいそうな期待感をもたせてくれますね。

エダサンゴの中にひっそりと見つからないようにミカヅキツバメウオのygが隠れてました。

横から接近しようとすると背中を向けて、同じ場所にいるのになかなかこっちを向いてくれませんでした。

普通のツバメウオのygとはまた違うタイプで、ツバメウオのygはこういう場所ではなかなか見れず、よく見かけるのは水面近くにゴミのように漂っていたり、流木や港の中の船の係留ロープやボートの周りに身を隠すようにしているので、潜っている時よりも陸上やボート上から水面に漂っている姿を見ることがほとんど。

このミカヅキツバメウオはこうした湾内の浅い箇所などに時々出没します。

テンジクダイなどのレギュラーはそこいらじゅうに群れているし、ここ数日は雨もほとんど降っていないので、水中の濁りも少ない。

PB301418.jpg

水中を濁す要因はダイバーくらいなもんですかね、

浅くても、着底した状態であっても中性浮力は必須です。

続きを読む


お問い合わせとご予約について 2018年11月25日

ホームページをご覧いただきありがとうございます。

今現在、ホームページからのお問い合わせとご予約をいただいても、こちらでその内容を確認できない状況です。

修復をお願いしているところではありますが、少し時間がかかりそうです。

お問い合わせやご予約の際はメールアドレス gooddive@wf6.so-net.ne.jp 
もしくは直接お電話で0980−85−6109までご連絡ください。

ご迷惑おかけしますが、どうぞよろしくお願いします。





続きを読む


たまにはワイドに 2018年11月24日

PB241376.jpg

天候 晴れ
気温 26度
水温 24度
波高 3 → 2.5m

だいぶ水温が低くなってきました。

3シーズン目のくたびれた僕のウエットスーツでは後半になるとちょっと冷えてくる。

ゲストは5ミリのワンピースにフードベスト、もう一人は起毛タイプのインナーを施してノーフードで潜ってます。

このインナーなかなか保温性が高く、暖かいようです。

インナーというとラッシュガード的なイメージですが、冬は薄手のラッシュガードはNGです。潜って上がってくると濡れたままのラッシュガードは体温を奪って、かえって冷えます。

そこで最近は保温性の高い少し厚みのあるインナーがあるので、そちらがオススメです。

フードベストの中にこのインナーを着用すれば、かなりの保温効果。

水から上がったら、できるだけ早めに体を拭いて、水気を切って、ボートコートを着るか、乾いたものに着替えると休憩中も快適です。

保温対策は万全に準備して遊びに来てください。

ちっこいハゼやら泥地やら藻場が続いていましたが、今日は少し思考を変えて。

昨年度も水温下がるとこの場所に集まってきたホソカマス。

今シーズンもお目見え。

PB241372.jpg

数も増えてきているなぁ、いい感じ。

冬の間はここに定着してくれるといいなぁ。



続きを読む


ナイトに行く前に 2018年11月22日

PB211339.jpgのサムネール画像

天候 曇り
気温 24度
水温 24度
波高 2.5 → 3m

昨日は気温も28度くらいにまで上がり、海も静かで最高の天気。

紫外線チェッカーもご覧島り、日の当たるところに出したら一瞬でピンク色に。

PB211319.jpg
PB211322.jpg

こんなに天気が良いのに行き先は泥地の浅海域。ゲストは通算3回も滞在中に通いました。

PB211329.jpg
生物探しに熱いダイバーが癖になるその場所は、何かがいそうな見つかりそうなそんな場所。

風もなく、静かだったので11月には珍しく夜の海にも行ってきました。

そのナイトダイビングに行く途中の赤く染まった浦内川、キレイ過ぎて思わず車止めてしまった。

前日の晴天は何処へやら、今日は朝から曇天。次第に風も波も上がってきた。

西側のポイントでも行く場所は限られるのだけど、この荒れた状況でも潜れる場所が幾つかあります。

そんなポイントの1つがこちら。

PB221346.jpg

海の中のモアイ像。

数種類のハナダイがそれぞれきちんとハーレムを持っているようで、数少ないオスが盛んにディスプレイしています。

リーフの上にはデバスズメダイのちびっ子たちが未だにわんさかいるので、ちょっとトロピカルな雰囲気も味わえますよ。






続きを読む


マクロ三昧 2018年11月20日

PB191271.jpg

天候 曇りのち晴れ
気温 27度
水温 25度
波高 3 → 2m

少し風が冷たくなってきました。朝晩は少し冷える感じ。

でも今日は日差しも出てきて、気温も上昇、ぽっかぽかで暖かい。

このエビ、1、5センチくらいのサイズ、肉眼では魚なのか甲殻類なのか、わからなかった。顕微鏡モードで拡大したら、エビだと判明。

この3日間はマクロズッポリダイビング。このギンガハゼは黄化個体でもないくせに目の周りだけがやけに黄色く目立ってました。

PB191262.jpg

船浮湾から出ていません、今日もマッド(泥)とガレと藻場が混在するポイントで2ダイブ。

いろいろ見つかります。

でもこれレギュラーでもないので、その日その日で観れるものも変わってしまう。

移動は少なく、とにかく生き物探し。

PB201288.jpg

ごく普通にいるサラサハゼ、よそと違うのはその大きさ、15センチくらいあります。ペアでしょうか、微妙にデザインが違う2匹でした。

わかりにくかったけど、これタンザクテグリかな?

PB201296.jpg

そして北部ではあまり見ない、フタヒレホオガキハゼ。

PB201286.jpg

極め付けがゲストが見つけ出した、ヘビー級のフリソデエビのペア。

PB201301.jpg

ちっさいヒトデを食べてました。

明日も引き続き、変な生物探しです。

続きを読む